*

 核融合炉 炉心物理・中性子工学 / 原子炉応用 研究グループ

HOME
メンバー
受賞
学会発表
論文発表
コンタクト
分野HOME
学科HOME
専攻HOME
伊都キャンパス
工学府
九州大学
LAST UPDATE: 2016.1.10
*九州大学大学院 工学研究院 エネルギー量子工学部門

松浦秀明 (MATSUURA Hideaki, Dr. Eng.)

photo

GREETING

原子核反応を維持している核融合或いは核分裂体系中では、高いエネルギーを持った粒子が連続的に生成されます。原子核反応の起こり易さや、衝突を介した粒子間のエネルギー輸送過程は、粒子のエネルギーに強く依存するため、実験で観測される現象を理解したり、核燃焼を最適な状態で維持するためには、様々な条件下で、どの程度のエネルギーを持った粒子がどの程度の割合で体系内に存在するのかを正確に把握することが重要となります。このことは、装置の種類(恒星や天然原子炉等の自然界の体系を含む)を問わず、原子核反応を伴うあらゆる体系に対して言えることです。様々な装置概念に対して、体系内の多種の衝突・核反応過程を考慮して粒子のエネルギー(角運動量)分布(「速度分布関数」・「中性子束」)の評価をおこない、原子核反応体系のより効率的な保持・制御(「連鎖反応」・「自己点火」・「臨界」・「核燃焼」)を目指した研究(教育)活動をおこなっています。

エネルギー量子工学専攻 原子炉物理及び核融合理工学 教育分野